沿革

1946年 山西義政(現会長)が広島駅前で露店を始める
1950年 衣類卸問屋「株式会社山西商店」を設立
1961年 株式会社いづみ設立、スーパーいづみ第1号店オープン
1967年 広島駅前に2号店を出店
1968年 大卒新入社員の大量採用開始
1973年 初の郊外型ショッピングセンター祇園店オープン
1974年 共同仕入機構日本流通産業株式会社の設立
1977年 日本チェーンストア協会に加入
1978年 大阪証券取引所市場第二部及び広島証券取引所に上場
1980年 「株式会社イズミ」に商号変更
1983年 TQC導入し組織の活性化を図る
1985年 POS導入で情報の一元化が進む
1986年 東京証券取引所市場第二部及び大阪証券取引所市場第一部に上場
1987年 東京証券取引所市場第一部上場
「aiカード」導入
1990年 「ゆめタウン」形式のショッピングセンター誕生
ゆめタウン高梁、東広島オープン
1991年 山西義政(現会長)が藍綬褒章受賞 中国地方品質管理賞受賞
1993年 代表取締役社長に山西泰明、会長に山西義政が就任
1994年 イズミ女子ハンドボール部始動
第14回アジア大会広島の公式スポンサーに
1995年 九州出店戦略が始まり、福岡県にゆめタウン遠賀を初出店
1996年 イズミ・フード・サービス株式会社設立
ゆめタウン筑紫野オープン
1997年 財団法人泉美術館開設
株式会社ゆめカード設立
1998年 西日本最大級の店舗、ゆめタウン高松をオープン
1999年 男女雇用機会均等推進企業として「広島女性少年室長賞」と障害者雇用優良事業所として「労働大臣表彰」をダブル受賞
女子ハンドボール部、創設以来初の3冠に輝く
2000年 夢彩都、ゆめタウン博多オープン
2001年 女子ハンドボール部が広島県を代表する「ハンドボールクラブ・メイプルレッズ」へ
2002年 (株)ニコニコ堂から大型店4店舗の営業継承
2004年 女性の能力の積極的活用を評価され、均等推進企業表彰「厚生労働大臣優良賞」受賞
2006年 ファミリー・フレンドリー企業「広島労働局長賞」受賞
2008年 ゆめタウン広島、出雲、三豊、丸亀の4店舗をオープン
(株)ゆめタウン熊本、(株)エクセルを吸収合併
2009年 ゆめシティ、ゆめタウンみゆきオープン
2010年 電子マネー「ゆめか」開始
2011年 ゆめタウン徳島オープン
広島県・熊本県と包括的連携協定を結ぶ
2012年 ゆめマート小倉東オープン
2013年 イズミ本社京橋町から二葉の里へ移転
新業態のゆめモール下関オープン
2014年 株式会社広栄を子会社化
2015年 TOBにより株式会社スーパー大栄を子会社化
株式会社ユアーズを子会社化
株式会社デイリーマートを子会社化
ゆめタウン廿日市オープン
2016年 ゆめタウン廿日市が、ダイヤモンド・チェーンストア誌が選ぶ「STORE OF THE YEAR 2016」商業集積部門最優秀賞を受賞
山口県と地域活性化包括連携協定締結