沼本 真輔
1987年入社
店舗 支配人

interview

づくりは街づくり

入社後、様々な部署を経験し、新店の立ち上げにも携わりました。現在、支配人を担っている「ゆめタウン廿日市」も立ち上げから関わった店舗です。
イズミが目指す店づくりは、周辺地域の街づくりでもあります。買い物だけでなく、店舗を地域の方に便利に使っていただくことで、店への集客を図る。店と地域の両方が豊かになれる店づくりを目指すことが、支配人としての使命だと感じています。

キャリアパス

Current

2014年
12月

支配人
 

2014年
2月

営業企画部 部長

 

2013年
11月

総務部 部長

 

2010年
3月

店長・支配人

 

2004年
2月

営業企画部 課長

 

2001年
6月

衣料品 店次長

売促進で学んだ集客力

営業企画部時代に販売促進に関わる広告・宣伝・イベントなど、これまでと違う分野のスタッフと仕事をすることが、貴重な経験となり私のターニングポイントになったと感じています。
発想が豊かになり、同時にそれを実現していくノウハウも増えていきました。
その後任された新店の運営では、外部スタッフとのつながりを糧とし、様々なアイディアを出して実行することが、集客力を高めるための大きな推進力となっています。

事を通して自分を磨く

支配人として、次世代の人財を育成することも重要な役割です。新入社員には、まず目先の仕事を完遂させ、そして外にも視点を向け、先を見通す力を養ってほしいと願っています。大切なのは自分を磨くための努力を惜しまないこと。仕事は、給料をもらって自分磨きができるチャンスなんだからこれを逃してはいけないと思います。
人と関わり情報を求めていく、仕事をがんばることが人間形成につながり、自分磨きにもつながる。そんな仕事への姿勢を若い人たちにも伝えたいと、新入社員を集めた勉強会も行っています。