〒733-0833 広島市西区商工センター2-17-28

社員インタビュー INTERVIEW

  • 目で見ておいしく
    包装は商品の「顔」です
  • 商工センター工場 製造部 包装担当
  • 坪内 菜摘

できあがった惣菜をパックに詰めて、値付けし、店頭に並ぶ状態に仕上げるのが「包装」です。
決められた食材を決まった場所に盛り付けていき、最後にラインリーダーがチェックしてテープ付けするのがラインの作業工程です。入れる角度や向きによっては、パッケージされた時の印象が違ってくるので、見た目でおいしさが伝わるように考えます。

包装は商品にとって、服を着せて化粧をするのと一緒です。
せっかくおいしく作られた惣菜なのに、そのおいしさがお客様に伝わらないと手にとってもらうことはできません。店頭に並んだ商品の中から「今日はこれが食べたい」と思っていただくために、おいしいものをおいしく見えるパッケージを心がけています。

スーパーやコンビニなどで、ちょっと他社の商品が気になって買ってみたりします。自社の商品と比べて、やっぱりうちのがおいしいなぁなんて思ったりして。
実家暮らしなので、店で惣菜を買って食べる機会は少ないのですが、お母さんの味と同じくらいおいしい惣菜だと思っています。
その味をお客様に届けるため、思いを込めて店に送りだす商品。その最後の仕上げが私たち包装担当の仕事です。

Page top